同一市内 引越し費用 相場

同一市内での引越し費用の相場とは?

同一市内の引越し費用の相場をチェック!お勧め引越し一括見積もりサービスはこちら

 

引越し費用は引越しする移動距離で決定するものとイメージする方がいますが、
移動距離だけで引越し料金が決まるわけではありません。

 

つまりいくら同一市内間など移動距離の短い引越しであっても、
その他の条件で引越し費用が高くなる可能性は十分にあるのです。

 

ここでは同一市内での引越しについて、引越し相場についてまとめてみましょう。

 

引越し費用はどうやって決まるの?

引越し費用は、引越しする荷物の量、引越しする移動距離、
引越しする時期の3つをまとめて基本料金が決定すると言われています。

移動距離は長ければ長いほど、ガソリン代、高速道路代などが発生するので高くなります。

また移動にかかる時間も人件費が発生していますので、
人件費アップにもなり引越し費用は高くなるでしょう。
引越しする荷物の量においても、荷物が少なければ
利用するトラックの大きさに違いが出てきます。

 

荷物の量が多ければ大きいトラックを使わなければならず
トラックチャーター代も高くつきます。
また荷物の量が多いと、搬出、搬入に時間がかかるため、
人件費アップ、スタッフの人員アップにもつながってしまうのです。

荷物量が多ければ多いほど、引越し費用は高くなるでしょう。

 

そして引越しする時期です。
時期など関係あるの?と考えてしまいますが、引越しする時期は非常に重要です。
引越しハイシーズンとオフシーズンで比べると
引越し料金が3倍になることもありますので注意が必要です。

では引越しハイシーズンとはいつのことでしょうか?

引越しハイシーズンは1年のうちでも引越し件数が増える時期であり、
新生活を始める4月前後に引越しをする人が急増します。
特に2月末から4月初旬までは引越しハイシーズンと呼ばれており、
この時期に引越しをすると通常に比べて引越し料金が
大きく跳ね上がるため、同一市内での引越しでも

非常に高い引越し料金を請求されることがあります。
例えば車で5分程度のところへ引越しする場合でも
引越しハイシーズンになると家族4人での引越しで20万以上の費用を請求されることもあるのです。

同一市内の引越し費用の相場をチェック!お勧め引越し一括見積もりサービスはこちら

 

同一市内の引越し料金の相場はどれくらいなの?

同一市内での引越し料金の相場はオフシーズンとハイシーズンに分けてご紹介しましょう。
一般的な通常期と呼ばれるオフシーズンです。
この時期は時期にかかる料金の追加はありませんので
比較的安い費用で引越しをすることが可能です。
例えば荷物の少ない単身者の引越し料金の平均相場は3〜35000円程度と言われています。

また荷物の多い単身者で45000円前後、2人家族で7万円、
3人家族で9万円、4人家族で11万円の費用が必要となってきます。

 

次にハイシーズンです。
この時期は引越し料金が高くなると言われています。
ハイシーズンの場合、荷物の量が少ない単身者で45000円〜48000円、
荷物の多い単身者で5〜6万円、2人家族で9〜10万円、
3人家族で11〜12万円、4人家族で13〜15万円前後の費用が必要となってきます。

 

同一市内での引越しでもこれだけのまとまった額が必要になりますので、
引越し業者選びは非常に重要ですね。

 

同一市内間での引越しでもきちんと見積もりを請求しよう

同一市内間での引越しの場合、費用はそれほど高くならないだろうと
きちんと見積もりを取らずに業者選びをする方がいらっしゃいます。

しかしこれは絶対に避けておきたいことです。

同一市内間の引越しでも引っ越しする時期や荷物の量によっては
金額が高くなってしまうことも多いですので、
引越し業者選びをする場合には、
必ず引越し見積もりを請求するようにしましょう。

 

引越し見積もりを1社ずつ請求するのは非常に大変です。

そこでおすすめしたいのが引越し見積もり無料一括請求サイトです。

引越し見積もり無料一括請求サイトを利用すると
1回の請求で最大10社からの見積もりを請求することができます。
10社の見積もりを比較すると費用がどのくらい違うのか?
引越し費用相場とどのくらい違うのか?などをチェックすることができます。

 

10社の見積もりを比較して、費用が安い業者を2〜3社ピックアップしてみましょう。
ピックアップした中から実際に訪問査定をしてもらって
そこで他の業者と相見積もりを取らせて価格交渉をさせます。
すると、はじめに提示された引越し見積もり額よりも安い費用で引越しをすることができるでしょう。

 

同一市内での引越しであっても引越し後の手続きは忘れないで行おう

同一市内での引越しの場合、引越しにかかわる手続きをついつい忘れがちです。

住所が変わるという場合は同じ市内間であっても
役所の転居届を提出する必要があります。

転居届は引越し後14日以内に提出する必要がありますので、
忘れずに手続きするようにしましょう。
また電気や水道、ガスなどへの引越し連絡も忘れずに行う必要があります。
これらの連絡は引越し前1〜2週間前にはいっておくことをおすすめします。

 

業者選びと並行して行うとよいでしょう。
引越し見積もり無料一括請求サイトはサイトのよって提携している業者が異なりますので、
いくつかの引越し見積もり無料一括請求サイトに登録してみるのもよいかもしれませんね。

 

同一市内の引越し費用の相場をチェック!お勧め一括見積もりランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

HOME’S 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

HOME’S 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。