同一市内 原付 引越し

同一市内での原付の引越しについて

同一市内での原付の引越しについてお勧め引越し一括見積もりサービスはこちら

 

原付やバイクを持っている方が引っ越しをする時は、
住所変更をしなくてはなりません。

 

ここでは同一市内での引っ越しで、原付の手続きは必要なのか?
について説明していきましょう。

 

同一市内であれば原付の引っ越し手続きは特に必要なし

原付やバイクを持っていて引越しをした場合、原付やバイクの住所変更、
自賠責保険の住所変更をする必要があります。
しかし同一市区町村内での引越しの場合は、転居届を提出すれば
自動的に原付の住所変更や自賠責保険の住所変更も行われます。

 

そのため原付に限って別に何か手続きをしなければならないということはありません。
しかし同一市区町村外に引越しをする場合には、
いったん前に住んでいた元の住所を管轄する役所に
廃車申告書とナンバープレートを返納して、
新しい住所の役所でナンバープレートを受け取る必要があるのです。

 

同一市内での原付の引越しについてお勧め引越し一括見積もりサービスはこちら

 

同一市内で引越しであればナンバープレートは同じものを使用できる

原付を持っていて同一市内に引越しをした場合、
転居届を出せば自動的に原付の住所も変更されますので、
プラスで手続きをとる必要はありません。

 

さらに今まで使用していたナンバープレートもそのまま同じものを
使用することができますので非常に楽ちんですね。

 

転居届とは?

同一市内に引越しをした場合、役所に転居届を提出しなければなりません。

この転居届を提出しなければ原付やバイクを持っている場合、
その住所が変更されないので転居届は引越しをしたら
必ず忘れずに提出するようにして下さい。

 

転居届は市外に引越しした場合に提出する転出届、転入届とは異なり、
転居届1枚を提出すれば手続きは完了です。
1度の手続きを行うだけなので非常に楽ちんです。

しかし引越しの前に手続きを行うことはできませんので、
引越しが完了してから役所にいって手続きを行ってください。

また、引越し後14日以内に手続きを行うことがきまっていますので、
できる限り早く手続きにいくようにするべきです。

 

住所変更の際、印鑑登録は住民登録のある市区町村であれば
転居届の手続きが完了すると同時に行われますので
新たに手続きをする必要はありません。

 

ただ住民基本台帳カード、国民年金、国民健康保険などは
その都度住所変更が必要になりますので、
市区町村の役場の各窓口で手続きをするようにしましょう。

 

また小学生などのお子さんがおられる家庭では引越しに伴った
学区がかわる場合もありますので、
その場合には指定された学区の学校に通学する必要があります。

 

同一市内での原付の引越しについて お勧め一括見積もりランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

HOME’S 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

HOME’S 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。