市内 引越し 免許証

忘れちゃいけないのが!

市内での引越し 免許証の手続きは?お勧め引越し一括見積もりサービスはこちら

 

市内の引越しをする場合、市外へ引越すのに比べると手続きは簡単です。
ですが、免許証に関する手続きは忘れないようにしておきましょう。

 

市内引越しで必要な免許証の手続き

免許証で変更しなければならないのは住所変更です。

住所変更は警察署、または運転免許センターで行えるので
足を運びやすい方を選択してみてくださいね。

 

受付をする場所によって対応時間が異なるので、
事前にホームページなどから調べておくことをおすすめします。
一般的には8:30〜17:00で受け付けを行っているはずなので確認してみてくださいね。

注意しなければならないのが、警察署の手続きに関しては
土日以外の平日しか受付ていないということ。

どうしても日曜日にしか手続きができない方は運転免許センターで
日曜日の受け付け対応をしてくれるところもあるのでこちらも問い合わせてみましょう。

 

免許証の住所変更手続きで必要になるのは現在持っている運転免許証と、
新しい住所が確認できるものです。
ただ、引越したばかりだと公共料金の領収書などもないため、
新住所が確認できるものが見当たらないかもしれません。

 

この場合はあらかじめ転居届を提出して住民票の住所を移し、住民票を提出すると良いですね。
住民票は引越し後14日以内に変更手続きをしなければならないため、
こちらも忘れないようにしましょう。

 

市内での引越し 免許証の手続きは?お勧め引越し一括見積もりサービスはこちら

 

引越し業者探しも忘れずに

引越しをする場合、例え市内への引越しだったとしても
やらなければならないことがたくさんあります。
そのため、手続きや荷造りなどに追われていると
つい忘れてしまいがちなのが引越し業者を探す作業です。

 

引越しシーズン以外は直前でも予約を取りやすいのですが、
あまりぎりぎりになってから予約をすると安い業者がすべて埋まっていたり、
タイミングによっては空きがなかったりするので注意しておかなければなりません。

遅くとも引越しの2週間前、できることならば1ヶ月前には
引越し業者を決めておきたいものです。

引越し業者を決める際には必ず複数の業者を比較するようにしましょう。

 

1社のみで決めてしまうと料金の相場もわかりませんし、
評判の悪いところに当たってしまう可能性もあります。

 

業者比較の方法はいろいろありますが、近年最も人気があるのが
複数の業者にまとめて見積もりを依頼できる一括見積もりサービスを
使う方法です。

 

一括見積もりサービスを使えば大手の業者だけでなく
中小の業者もまとめて比較できますし、
どの業者が安いのかも簡単にわかります。
まだ引越し業者を決めていなかった方はぜひ活用してみてくださいね。

 

市内での引越し 免許証の手続きは?お勧め一括見積もりランキング

引越し侍


お勧め その1 まずはここから

 

テレビCMなどでもお馴染みの引越し侍

絶対に外せない一括見積もりサイト

 

簡単に一括見積もりができて全国160社もの

提携企業の中から最安値を探せます。

 

引越し価格ガイド


お勧め その2 ここも抑えよう

 

見積もり比較で最大50%

安くなることもある引越し価格ガイド

 

引越し価格ガイドはキャンペー中の優良企業に出会えれば

驚くほど安い金額で引越しができることも

 

LIFULL 引越し


お勧め その3 ここも忘れずに

 

独自の割引サービスのある

LIFULL 引越し

 

3つのポイントを抑えるだけで最大50%オフになることも

全国130社の中からピッタリの業者がみつかるはず。